名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2008年05月21日

部分やせを可能にする

マタドールのホームページには部分やせは不可能だと記述しています。それはホームページを作成していた時の話で、ごく最近の研究では、その可能性を示唆する発表がなされています。

ポイントは筋肉が内分泌器官であるかどうか。内分泌器官とはホルモン(または成長因子)を分泌する器官です。ホルモンとは、全身を循環し他器官の働きを微量で調節する物質です。成長因子は、微量で様々な細胞の機能を調節する物質なので、ホルモンにもなりえます。

難しい事はさておき、筋肉から分泌される“ある物質”に脂肪分解を促進するかどうかに論点があります。まだ実証されたわけではないのですが、その“ある物質”が分泌されていることは判明されており、実証されるのは遠い未来ではなさそうです。

その“ある物質”が分泌されるためには、筋肉に運動をさせるしかないです。つまりトレーニングです。今後、何らかの形の外部刺激により分泌を促すことは可能になってくるのかもしれませんが、今のところはトレーニングしかないです。外部刺激による分泌が可能になればそれはそれで最先端医療などにも適応される可能性もありますね。

筋肉は体重の約40%もの割合を占めているので、全身の筋肉をよく動かすトレーニングは“最大の内分泌器官”と言え健康やシェイプアップ・ダイエットによい物質の分泌を促すことになります。

脂肪が内分泌器官であると実証されたのは、まだ10年前の話です。それを考えても、誰もが望んでいる部分やせといった、新しい認識が生まれる日は近いです。

どんなトレーニング・運動がいいのか?それはまだ発表されてはいないです。パーソナルトレーナー的にはあんなトレーニングがいいんだろうなと考えはつきます。まだ実証されていないだけにここで発表してしまうわけにはいかないので、興味のある人は直接聞いてくださ〜い 手(パー)
posted by まっく at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | シェイプアップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15148656

この記事へのトラックバック