名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2009年05月20日

裁判員制度


今週より、もうすぐ始まります。 皆さん、どんな心境なんでしょう?



パーソナルトレーナーまっく、実はすでに陪審員の通達もらったことあり。 



アメリカに居た頃の話です。



あの時はパニックでした。 



アメリカに渡って数ヶ月の頃の話で、届いた手紙の内容訳分らず。 英語力も乏しく裁判員制度の専門用語の書かれた手紙を読むだけでも四苦八苦。 辞書片手に和訳した内容読んでも訳分らず・・・・・当時、日本にそんな制度はないから無理もないですよね。



おまけに、出頭しないと法律により罰せられますとの脅迫じみた内容文! 行かないと強制帰国!!!みたいなことを勝手に考えていました。



友人のアメリカ人何人かに相談して、アメリカ国籍を持たない日本人に礼状が来るのはおかしく無視していいよと言われ、無視してしまったのですが、あの脅迫文で気が気でなかったのを覚えています。



実際に礼状が届いたらあの内容の文章が書かれているのでしょうか? 結構なトラウマになっています、あれは。
posted by まっく at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ
この記事へのコメント
確かに事情も言葉もまだ完全に分かっていない国でいきなりそんな手紙が来たら…それも国家権力からですもんね…パニクると思いますホルスタイン

ちょっと笑ったけどD



日本の裁判員制度

周りで話題に上ること,余り無いです
でも 確率からしたら自分も貰ってもおかしく無いなと漠然覚悟してますF


Posted by まり☆りん at 2009年05月21日 00:14
> まり☆りんさん、

人事ではなくなりますからね〜

焦りましたよ・・・・・今度届いたら行かないとでうよね。
Posted by まっく at 2009年05月21日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29270545

この記事へのトラックバック