名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2009年06月13日

熱中症


この時期に起こりやすいものです。 




夏本番より、朝晩の温度差があり湿気が多い、今の時期こそ特に注意が必要になります。




チームトレーニングなどでトレーナーやトレーニングコーチがトレーニングを組み立てている場合、ある程度は熱中症対策をしていると思います。 かりに誰か倒れた場合、トレーナーやトレーニングコーチがいれば応急処置も対応できるので、安心です。




危ないのは一般ランナー。 室内でランニングマシーンを走っているなら水分補給も楽におこなえますが、外を走っているとどうしてもまめな水分補給を取りづらい。




ダイエットやシェイプアップにおいて、水の認識は以前より浸透していると思いますが、まだ水分を控えている方が多いのは事実。




なめていると、結構怖いです。 




細かく話すと本が書ける程になってしまうので割愛しますが、熱中症には医学的に大きく3つに分類されます。




@ 熱痙攣(HEAT CRAMP)

A 熱疲労(HEAT EXHAUSTION)

B 熱射病(HEAT STROKE)




最重度は熱射病とされますが、この単語、日本語的にはどうも重さが伝わりにくい・・・・・・私だけでしょうか?




熱射病のSTOKE、日本語で言うと脳卒中。 そのくらい危険だと認識しないといけないわけです。




基本的には、喉が渇く前にこまめな水分補給、しっかりと睡眠を取る、朝食(昼食)をしっかりととってから運等・トレーニング。 これにつきます!




ランナーの皆様をはじめ、特に外でスポーツ・トレーニング・運動を楽しむ方、是非気をつけて対策をしっかりと取っておいてくださいね。




また書きます 手(パー)
posted by まっく at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害・傷害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29790148

この記事へのトラックバック