名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2009年12月10日

阪神・赤星選手



33歳、早すぎる引退。





同い年なだけにショックもあります。





理由は仕方ないけど、惜しいです。





名古屋のものとしては、阪神の好選手は憎いですが・・・・・赤星選手は愛知県の大府高校出身。 





中学校で一番上手かった友人は愛知県の名門・東邦高校へ行きましたが、高校時代に怪我もあり甲子園出場ならず。 大府高校を選んだ友人は赤星選手と共に甲子園出場。 





当時は複雑でした。





中学から持っている素質も大事ですが、高校の指導者や周りの環境・サポートは大きいです。 トレーニングで身体能力を上げる事・怪我をしない体作りのトレーニング、今の自分の役割です。 





高校野球(野球に限らず)の指導者として、赤星選手の引退で昔を思い出し、身の引きしまる想いに。 





今の自分の役割の大きさを感じて。
posted by まっく at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
赤星選手の引退は、電撃ニュースでした!

<プロ野球選手年鑑>好きの私は、大府高校出身である事もプロフィールは知っていました。名古屋の飲食店で時々彼のサインが飾られていて、愛知県出身だとそんな時に気づかされたり…

そうだった〜!まっくさんと同い年とは、気づきませんでした!!

名古屋の方々を敵に回すつもりはありませんが…
我が家の甲子園のシーズンシートのすぐ目の前には
頻繁にお尻のポケットに手を入れ、ロージンをつけながら守備につく赤星選手がいました。
近くの席の小学生の男の子が「赤星、お尻かゆいんかぁ〜?」と父親らしき男性に質問し、その訳を
教えてもらっていて、野球離れ…と言われる今、
野球少年が一生懸命に赤星選手を応援している
姿が微笑ましかったのを思い出します。

そして、皮肉にも…彼の右側(レフトの守備位置)
には、鉄人と呼ばれる金本選手が…。
金本選手もあそこまでの肉体作りには、さまざまな道のりがあったのでしょう(あの歳だけに…。)
しかし、金本選手はヘビースモーカーで恐ろしいほどの酒豪で有名です。
ホントに鉄人なのでは???と。
しかし、ものすごくトレーニングをはじめ、身体の
メンテナンスをしている事も事実。

もう、盗塁する姿や、守備位置につく後ろ姿が観られなくなるのが寂しいです〜。
慈善事業なども積極的だったし…。
そんな、彼はこれからどんな道に進むのか…
エールを送ります。

まっくさん、これから私たち野球好きが夢中になれるような〜スター★を育てて下さいね!


Posted by 西さん at 2009年12月17日 07:07
> 西さん、

トレーニングは確かに選手のパフォーマンスや怪我の予防に大きく関わるからする必要があります。 赤星選手の場合はもうトレーニングで何とかする問題でもなく、サポートする側としては力のなさを感じてしまう事もあります。

甲子園は違うけど、多くの球場の人工芝って問題もありますよね。 選手が思い切りプレーできなくなるのは寂しいし、した結果がこういった怪我に繋がる可能性も無視できないし。

かなり複雑な思い。

ただ、僕もエールを送るし、強い選手を育てたい1
Posted by まっく at 2009年12月18日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34139001

この記事へのトラックバック