名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2010年05月15日

ゴルファーの首



ゴルファーが頸椎(首)を痛めることは多い。




身近のゴルファーにも頸椎ヘルニアを患い手術された方もいるし、現在進行形で頸椎から発する手・腕や肩の痛みを抱えるゴルファーもいます。




自分は下手で地面を叩くことも多いからと思っている首の痛みを抱える皆さま、あのタイガーですら頸椎を痛める! どれだけ上手くなっても、あのタイガーですらと少しホッとするのか、これはゴルファーにとってどうしようもない事なのか?




打つ量が一般の方とは比較にならないので、簡単に比較は出来ませんが、腰痛と共にゴルファーの永遠の課題ですね。




なぜタイガーが頸椎を痛めたのかの真相は発表されていませんので、勝手な解釈をここでは控えさせてもらいますが、動きの観点から見るトレーナー的・バイオメカニクス的視点は面白いかもですよ。 きっとそんな究明もされているんでしょう。




ゴルフは特にプレーしないと見えない動きが多い。 理論と実際に大きなギャップがあるスポーツの一つです。




そんなパーソナルトレーナ的解釈。 ゴルファーの皆さま、参考にして下さい! 
posted by まっく at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38133671

この記事へのトラックバック