名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2010年12月01日

飛距離アップのトレーニング



最近はランニングの記事が多いですが、ランニングと同様にまたはそれ以上に多いスポーツのためのトレーニング、ゴルフ、パーソナルトレーニングの得意分野ですね。 ゴルフのためのトレーニングは色々とありますが、やっぱり飛距離アップが王道です。




単に筋力をあげる訳ではなく、まっくパーソナルトレーニングは違ったアプローチをします。 個人個人で違うので一概に言えませんが、トレーニング方法は様々。 




単に飛距離をアップさせるのが目的のパーソナルトレーニングなら、目的は確実に達成できます。 ですが、ゴルフでは飛距離をあげてもスコアに繋がるのかとなると、それは保障できません。




スコアだけを見ると、最初は下がります。 ドライバーだけなら飛距離が上がれば、1打目に飛ぶ距離は稼げます。 




しかし、飛距離があがることで起こる弊害もあります。 ゴルフをされている方なら分かると思います。 例えば、7番で打っていた距離が8番・9番で達成できてしまうような飛距離アップなら本人の持っている感覚は狂います。 飛距離が上がったのを最初は素直に喜べませんよね、スコアメイクにとっては大問題となります。




そうなると、そこはトレーニングの問題ではなく、ゴルフの技術練習・ラウンドでの修正となります。 パーソナルトレーニングの範囲ではなく、ゴルフのコーチに相談するべき事だと思います。




パーソナルトレーニングでは必ず飛距離アップの目的は達成できますが、達成しっぱなしにならないようにして下さい! いつもトレーニング開始前にはスコアは一旦下がると説明してますが、トレーニングで得たものを無駄にはしないようにして下さいね。




他のスポーツでも同じですが、トレーニングをして体や動きが変われば必ずスポーツに繋がるには修正しないといけない箇所が出てきます。 練習も大事! 
posted by まっく at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41917449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック