名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2012年02月29日

野球食



久々の野球ネタ。



だいぶ前に書いた高校野球部の食事からのご質問。



“強豪の野球部ってかなりの量の米を食べるそうなんですが、どうなんですか?”



結論から言うと、ほとんどの強豪校は食べる事もトレーニング・練習として学生に教えています。 強豪校に限らず、実施している学校は多い。



なんで、米なのか?



まず第一に、米は炭水化物としてエネルギー源となる、日本人にとっては必須な食事。 多くの練習をこなすスポーツ選手にとっては絶対不可欠です。 体重を増やす目的と共に、エネルギー源の米を取るのは良い事です。



第二に、米はコストパフォーマンスに優れている点です。 よくあるのが、米3合。 この量を他の食材で補おうとすると、かなりの高価な食事となります。 特に部活や学校の寮などで出される食事はまずコストパフォーマンスが考慮されてしまう訳です。 最近、話題のダイエット法は肉の赤味○○キロを毎日摂取するように薦められますが、月の食費を計算したらすごい額になりますよね。



米3合は極端、ご家庭でお子様に出す食事はあくまで米を中心にバランス良くが理想です。



お薦め本は、

『スポーツ栄養ガイドブック』ナンシー・クラーク著
『野球食』海老久美子著

を参考に日々の食事を考えて下さいね。




注意: 当たり前ですが、普通の方が米3合を食べていたら、確実に太ります! 余談ですが、アメリカの高校生が日本の高校生ほど練習をしたら、倒れます。 サンドイッチじゃエネルギー不足なんですね。 米パワーはすごいです!
posted by まっく at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・栄養
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54219311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック