名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2011年01月09日

肩こり


ふと誰かに後ろから肩(首筋)を揉まれることってありますよね? 後から調子どう?ってな感じで。




今日はランニングのメニューを少し軽減してほしいからご機嫌取りなのか、トレーニングコーチで担当している高校の学生がふと後ろから肩を揉んできて、“先生、疲れてないですか〜?”




“全然、肩こってないですね!”と、完全にご機嫌取り失敗ですよね 手(グー)



トレーニングをするようになってマッサージに行かなくなったとは、パーソナルトレーニングされている方がよく話したり・よく聞く事ですが、適度のランニングやトレーニングは肩の凝りなども軽減させてくれます。 トレーニングされている方はあまり自覚ないのですが、そう言えば最近マッサージに行きたいと思う事が少なくなるものです。




詳しくは書きませんが、理由はちゃんとあります。 しっかり自分で証明できました。 トレーニングはもちろんですが、セルフケアもしっかり出来ていますかね。




これもトレーニング効果だと学生に伝えたら、“俺、肩こるほど勉強しね〜もん”ですって(笑)しっかりトレーニングして練習してくれたら良いのかな。。。。とりあえず、今のところは。 
posted by まっく at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年12月02日

音楽とトレーニング



ゴールドジムは音楽が特徴の一つです。




筋トレもそうですが、ランニングなどの有酸素運動でも音楽との関係は深いですよね。




ゴールドジムではよくアメリカのFMが流れているのですが、そのFMもThanksgivingが終わり、12月に入りクリスマスソングのオンパレードです。




しばらくはクリスマスソングに癒されるのですが、一日中クリスマスソングを聞いているとさすがに飽きる。 




トレーニングに励む皆様も心なしかまったりモード、曲が曲だから? クリスマスソングって気持ち高ぶってトレーニングするには不向きかな。




アスナル金山、連日イベントやっています。


Christmas Asnal 2010.jpg


今年のアスナルクリスマスツリー、是非ご覧になってくださいね。 イベントでバックに心地よい音楽流れていると立ち止りたくなりますよ。
posted by まっく at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年10月05日

専門分野



人は誰でも得意な事(分野)と不得意な事(分野)があると思う。




経験が浅いと一人であれもこれもと抱えたくなると思いますが、経験を積んでいくとこれ以上は自分の分野ではないからと線引きが出来るようになり、そうなると他の専門分野の方々とネットワークを持っているようになる。




医師が良い例ですよね。 専門外と思えば・発覚すれば、専門の先生へと紹介状を書いてくれる。 医師の場合は生命の危険性も伴う事もあるから、当然と言えば当然ですが。




簡単に言えば顔が広いですが、そんな色々な専門家のネットワークを持っていて人ほど信頼感が持てませんか?
 



一般的な話として。
posted by まっく at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年07月28日

腹痛



今日は、お腹が痛い・・・・・単なる筋肉痛です。 




“冷たい水とか飲み過ぎなんじゃないの?”と心配して下さった皆さま、ご心配ありがとうございます&すいません。




トレーニングをしての筋肉痛はコントロールできます。 ここで筋肉痛を起こしておきたいと思えば、負荷(重量やスピード)や回数で調整します。 刺激を入れたいだけの筋肉痛を出したくない時はそれなりのやり方で調整できます。




自分の体はもちろん、パーソナルトレーニングでもそれは可能です。 一度や二度のパーソナルトレーニングでは難しいですが、セッションを重ねているとパーソナルトレーナーは体や動きがより多く見えてきます。 




当たり前かもしれませんが、パーソナルトレーナーは皆さん以上に皆さんの体が見えているものです。 明日は筋肉痛出したくないな〜って時は最初から伝えておいてくださいね 手(パー)




昨日は試したいエクササイズがあったので、やった事ない新しいエクササイズを試した、今日の結果です ふらふら やっている時に明日は筋肉痛くるなと思いましたが、予想以上でした。




ここぞって時には新しいエクササイズも組み込んでいきますね、お楽しみに!
posted by まっく at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年07月21日

オリンピックリフティング



トレーニングしているのかと言われそうなので、久々のトレーニング日記。





朝は授業前に学校で、夕方時間があるとゴールドジムでトレーニングがまっくスタイル。 





こっそり誰もいない朝の学校で1人トレーニングだし、ゴールドジムでも時間がかぶらない方は私のトレーニング姿をまったく見ないですね。





学校を使うのはクリーン・スナッチなどのオリンピックリフティング用のプラットフォームがあるから、重めの重量だとプラットフォームなしではやりづらいんです。 そして、シャフトなどの機材チェックを含めて。 学生から見るとチェックしているようには見えないらしいのですが、使っていると不備など分かるものなんです。



human.jpg




リフティングはトレーニングをしていないと技術が落ちます、これは確実。 走る事と同じですね。





リフティングをトレーニングしているとスクワットなどの基本のパフォーマンスは落ちにくい(トレーニングの仕方もありますが)。 技術的には難しいトレーニングですが、トレーニングに時間をあまりかけられない方には結構お勧めのトレーニングです。 





やたらにやるのはお勧めできないトレーニングなので、まずはきちんと出来る人に指導を受けて下さいね。 





ちなみに、私はクリーンやスナッチのリフティングだけのパーソナルトレーニングは受けませんので、ご了承を。 出来る方へのご紹介はありますよ。
posted by まっく at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年06月18日

“Muscle & Fitness”プレゼントのご案内



おそらく世界で最も読まれているフィットネス雑誌、Joe Weider's MUSCLE & FITNESS、日本でも翻訳され独自の内容が追加され、マッスル アンド フィットネス 日本版として発行されています。



Muscle&Fitness.jpg




パーソナルトレーナー向けに、季刊パーソナルトレーニングといった本も出版されています。 ご存じのパーソナルトレーナーさんも多いですね。





表紙の見た目は独特で電車の中なんかでは読みづらいですが、マッチョを目指さなくとも一般にトレーニングで体作りを目指すには参考になる内容構成です。





今回はまっくのブログ 〜Life with Sports & Training〜の読者の方にプレゼントのお知らせです。





★応募方法★

『Xフィット』(http://xfit.jp )のバックナンバー紹介コーナー★


http://www.xfit.jp/index.php?option=com_content&task=category§ionid=32&id=101&Itemid=91


をご覧いただき、希望の号を選び、下記を明記して、




『Xフィット』の「お問い合わせフォーム」★


http://www.xfit.jp/index.php?option=com_contact&Itemid=3


から応募してください。

●希望の号:第○号
●住所
●氏名
●電話番号
●「まっくのブログ 〜Life with Sports & Training〜」のサイトを見て応募

抽選で5名の方にプレゼントです。

〆切りは7月18日





是非、ご応募くださいね。




雑誌の表紙の様なマッチョを目指す方も、スレンダーな美女を目指す方も、細マッチョを目指す方も! トレーニングをしてキレイに・カッコよく!




posted by まっく at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年05月27日

呼吸



呼吸筋の代表格である横隔膜。




この横隔膜、呼吸で上がったり下がったりします。 と多くの方が知っていると思います。 




が、横隔膜は吸うときに上がりますか?下がりますか? 実際、大半の方が勘違いしています。




簡単ですが、この意識を持つだけでも呼吸は変わります。




呼吸のトレーニングの導入として意識してみてくださいね。
posted by まっく at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年05月08日

測定機器 〜光電管〜



前に手作りのダンベルを紹介しましたね。 トレーニング器具や測定機器、まっくは作れるものは作ってしまいます。





今回、ご紹介は光電管。 


kodennkann@.JPG



分解したら、構造自体はさほど複雑ではない作りで、作れるかも?がきっかけで制作していまいました。





光電管とは、センサーで反応するデジタルなストップウォッチ。 手動のストップウォッチではないのがポイントです。 


kodennkannB.jpg



光電管は、50m走のタイムや俊敏性などのタイムを計るのに使用します。 手動のストップウォッチだと誤差が出る、特に計測者が変わるとその誤差は大きいです。 学生の頃のスポーツテストで記録をごまかした経験ないですか? 光電管を使用なら、正確な数値が取れ、ごまかす事も出来ないから信頼性が大きいです。


kodennkannA.jpg



精密機械のため、正規で購入すると10万円超、今回はその約半額で制作。 センサー自体が高価な物なので、それ以上に安く仕上げる事は困難な訳です。





今日は自作第1弾の動作確認テスト。 バッチリです、反応良しで、市販の物と遜色ありませんでした(自画自賛)。





指導者の皆さまで、光電管が必要で欲しい方はお声をかけてください。 材料費だけはどうしようもないですが、格安でお作りいたしますよ。
posted by まっく at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年04月24日

ディトレーニング



トレーニングを中止・しなくなるといった意味でスポーツ生理学の専門用語です。





トレーニングをストップするとどのくらいで筋肉は失われていきますか?と関心持った事・聞かれた事はないですか?





トレーニングをする方には大きな関心事ですよね、シーズン・試合などがあるスポーツでもシーズン・試合終了後にどの程度休むかといった話題にもなります。 だから発達と同じように様々な研究がされている分野です。





ざっと、まとめて抜粋、“Physiology of Sports and Exercise: Jack H. Wilmore & David L. Costill著”より。





筋力は1週間のディトレーニングですら8%、4週間のディトレーニングで16%の筋力・パワー低下。 
 




筋持久力では2週間のディトレーニングで顕著な低下。 酸化酵素の活動・貯蔵グリコーゲン量・イオン(酸)バランス・筋肉への血流などの影響で何%とは書かれてないです。





スピードや敏捷性では数週間のディトレーニングでは、さほどの低下は見られず。 柔軟性はさらに低い低下。





心肺機能では筋力よりも顕著な低下。 最大酸素摂取量などでの低下が認められています、それに関わる生理的な要素。





どの程度のディ(中止)なのか?何の能力のディ(中止)によりますが、その詳細はもちろん書かれていますよ。 長くなりすぎるので・・・・・読んでください ふらふら または聞いてください。 調べると・読むとかなり詳しく書かれています、参考文献も数多くあるので興味ある方には参考になる事は間違いなし。





これだけでも自身で組み立てるトレーニングの参考になりませんか? どの要素をどうトレーニングするか? トレーニングのプログラミングよりも大事だけど、休息も大事だけど、次に繋がるディトレーニングのプログラミングも考慮しないとです。 





オフで休んで、オフ明けトレーニング開始で、戻すまでに数週間・数ヶ月かかってしまったら本末転倒。 怪我でまったく使えない部分は仕方ないですが、使える部分は使う。





ただ単に休むのは簡単ですが、休むもトレーニングって指導者から言われた事ないですか? リンクしました? 





トレーニングの組み立てって、こんなところです。
posted by まっく at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年04月11日

vs 新1年生




スクワットやベンチプレスや懸垂のウエイトトレーニングであろうと、ランニングのスピードや持久力であろうと、まだまだ高校1年生にはまず負けない。





あれこれ、トレーニング理論・科学を語り説明するより、ガツッと見せて、やってみての方が経験的に納得させられ、彼等のモチベーションを高めてあげられる。





オリンピックでメダルを取った訳でもなく、プロ選手だった訳でもなく、トレーニングをまだ極めたとは言えない。 今もトレーニングを探求し実践する、それが自分スタイル。 そして、それを伝える。 もちろん、理論や科学を考慮して(伝えるか伝えないかはその時の判断)。





頑固オヤジの様に、まだまだ若い者には負けられない!





昨日・今日と暑いくらいですね。 実演して指導していると暑いから、半袖で十分な気候。





隣にいたもう2年の付き合いになる3年生から、“まっくさん、肌カサカサっすね〜





こればかりは、15・16の若さには勝てない………です。





一応は保湿クリームなど使いますが、基本的には日焼けなどしてもほったらかし、しっかりケアしないとですかね? でも、どうやって?





美のカリスマに聞くしかない!
posted by まっく at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年03月21日

ハンドメイド・ダンベル



このダンベル、手作りです。

Dumbell.jpg



ダンベル=鉄亜鈴(鉄アレイ)って言うぐらいだから、鉄でできています。 ぴったり○○sとはいかず、少しの誤差は出てしまいますが、知っていると意外と簡単に作れます。 





野球のチーム使用で軽いダンベル。 ピッチャーなどの野球選手がゴムチューブを使ってトレーニングしている姿見たことありませんか? それと同じ様なトレーニングをするためのダンベルです。





軽いダンベルなら高価ではないですが、チーム用だと何本も必要で馬鹿にならないので、手作り。 大きくコストを抑える事ができます。 現在、脱着式の少し重さのあるダンベルも試作中。





こんなトレーニンググッズ、結構手作りが多い。 試行錯誤で市販の物よりも使い勝手の良い物もあります。 商品化できてしまう?ってくらいの自信作も。 チームによって、お金をかけれない所はちょっとした知恵で補います。





スタイリッシュさはないですが、買ってしまうより物に愛着も湧きますよ。
posted by まっく at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年03月11日

縄跳び



得意・不得意はあれど、日本人なら誰しも握った事のあるトレーニングアイテム。 


10-03-11_001.jpg




現代、数あるトレーニングアイテムが開発され発売されていますが、トレーニング科学がめざましく発達しようとも使われ続ける、昔からトレーニングアイテムとして愛される、縄跳び。 英語ではジャンプロープと言い世界でも愛用されるトレーニングアイテム。





ボクサーのトレーニングでよく目にしますね。 意外にも、プロ野球などのチーム練習のトレーニングとしても縄跳びは使用されています(トレーニングコーチによりけりですが)、プロスポーツのトレーニングシーンでも活躍しています。 





小学生が使うような縄跳びと、プロスポーツ選手が使う縄跳びは少し違いますが、狙うトレーニング効果は同じです。





そのトレーニング効果は色褪せない。





なぜか?ちゃんと現代のトレーニング・スポーツ科学で立証できます。 





小学生に戻った気持ちになり、楽しみながらのトレーニングも効果的ですよ。
posted by まっく at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年02月14日

クロストレーニング



サッカーの写真ですが、サッカー部ではなく陸上部。


Cross Training.jpg



インターハイに毎年数名の選手を送り出す陸上の名門校。 先日訪れた際にはサッカーを楽しんでおり、いつもとは違った選手の表情。




冬のオフシーズン中、クロストレーニングと言って、いつもの競技を離れて別のスポーツをすることがあります。




プロ野球選手がオフの間にゴルフをしたりするのも、クロストレーニングの一環。 ただ遊んでるだけではないのですよ。 





ゴルフの石川遼選手がスキーのクロスカントリーを取り入れている姿も報道もされています、それもクロストレーニング。





ひとつの運動種目を限定的に行なえば、当然筋肉の発達も偏りが出てしまいます。 クロストレーニングを行なうことで、複数の筋肉を効率的に発達させることができ、普段養うことが難しいとされる能力を引き出すことができるのです。





リフレッシュ効果も兼ねることが必要なので、クロストレーニングの重要なところはまずは楽しめる運動種目か?というところです。





1つの競技を離れて、スポーツを楽しむ事も必要で、それもトレーニング。 走る・跳ぶ・打つだけではなく、違った動きも取り入れて自分のやっているスポーツを見直すと、さらに好きになる。





スポーツに限らず、健康やシィプアップ/ダイエットのたのにトレーニングされている方もクロストレーニングはお薦め出来ます。





たまには違ったスポーツ・運動を!
posted by まっく at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年02月06日

ゴリマッチョ vs 細マッチョ vs その他



フリーペーパーにあったYES/NOクエスチョン。 




YES/NOの選択で次・次の問いに進み、最後にあなたは○○派とスポーツクラブの使い方や自分の理想像に辿り着く内容です。


Quiz@.jpg



辿り着くのは、ゴリマッチョ派・細マッチョ派・アクティブ派(筋トレもランニングなどの有酸素運動を使いこなしたい欲張りタイプ)・リフレッシュ派(ストレス解消や汗流して気分爽快タイプ)などです。




さすがゴールドジムのトレーナーはゴリマッチョ派が大多数、フロントの皆さんはアクティブ派やリフレッシュ派が多く、ちなみにまっくは細マッチョ派でした。


QuizA.jpg


大雑把な設問で遊び感覚だと思いきや、最後には意外と当てはまる。 “この人、やっぱりね”の結果になります。




おおまかですが、的を得たなかなかの内容です。 何人かでやると楽しめますよ。
posted by まっく at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年01月16日

冬の走路



今日のランニングトレーニング、インターバル!





って言っても自分のトレーニングではなくて、トレーニングコーチとして指導する部活。 高校生、これが大嫌いでいつもブーイングです。 スポーツ選手には必要不可欠、本当は大好きになって欲しいのですが。





学校の外周約1.2km、設定タイム4分以内を数本。 切れなかったらカウントしませんとの内容、切れない選手が何人かいるのは分かっているのですが、あえての内容。





最初の一本、あまりに遅いのでやや怒り気味になんで?と休息時間中に聞いたら、校舎裏の道が凍っていて滑って走れませ〜ん・・・・・正月・テスト明けで言い訳しているのか?と思ったけど、確かめねば! 歩いて確認しに行くのも面倒だから、2本目からは一緒に走って確かめる事に。






確かにツルツルでした!






そう言えば、朝、家を出る時も霜が降りて、車の窓が凍っていて溶かすのに数分かかっていたな〜と実感。 






車でも脚でも、凍った路は危ないです。 車通りはない道だけど、転んだら大変。 ランナーの皆様、凍った道には気をつけましょう 手(パー)





結局、2本目から最後まで一緒で、良い刺激を与えられたかな? 自分に負けられないと感じ、力を出し切った選手の姿を見るのが最高です。 いつもそうやってトレーニングして欲しいものです。





33歳に負けるな、高校生!
posted by まっく at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年01月09日

腹筋肉痛



腹筋の筋肉痛2日目。




普段あまり負荷をかけての腹筋運動(表面の割れる腹筋)はしないけど、久しぶりに負荷をかけて腹筋したら、かなりの痛。




腹筋と一言で言っても、




目に見える割れる腹筋・姿勢を支える腹筋・呼吸に関わる腹筋・野球やゴルフやランニングのスポーツで必要な腹筋とあげればキリがない。 




トレーニング用語でも、簡単に腹筋と言ったり、コアトレーニングと言ったり、コアスタビライゼーションと言ったり、体幹トレーニング・運動と言ったり、インナーマッスルだったりと様々。




簡単に腹筋と言っても、何百・千種類あります。 どこの腹筋をどう狙って・どう鍛えるかはトレーニング次第。






笑って、かがんで、起き上がって、何をしても痛い。 




・・・・・でも、少し快感! この腹筋の痛さでニヤッとしてしまうのは私だけ?




腹筋割って、6パックを目指す人はこんな腹筋を是非行ってくださいね!
posted by まっく at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング

2010年01月05日

インナーマッスル



ふと気になった久々のトレーニング話。





トレーニングしている人なら、トレーニング指導者なら聞いた事のある単語、インナーマッスル。





日本でインナーマッスルって盛んに言われる様になったのは、10年ぐらい前ですかね。 始まりは肩のインナーマッスル、ピラティスがメジャーになった5年くらい前から一般にもよく聞く単語になりました。





ちなみに英語(米語)でinner musscleって言葉はありません、日本の造語で、これに怒っていた人いたな〜昔。 インナーマッスルを日本語にしたら深層筋、直訳したらdeep(ディープ)だろうけど、分り易くインナーなんでしょうね。





姿勢や動きなど、なんでもかんでもインナーマッスル鍛えましょうは間違い、現代生活で現代人のインナーマッスルの機能低下が多いのは事実。





人間の体を支えて軸を作るのは骨であり、骨同士の動きに関節があり、骨に筋肉がくっ付いて関節を跨いでいると我々パーソナルトレーナーや運動・トレーニング指導者は考えます。





背骨や骨盤(細かく骨の名称は省略します)は一群の骨の総称でそこにも関節は存在し、ここに付いている筋肉は表面的には分からず本来インナーマッスルとされるべき筋肉。 ここの筋肉を鍛えるってのが一般的な重りを使ってのトレーニングでは難しく、別のトレーニングになります。





肩は少し見方が違って、またの機会に。






インナーマッスルを鍛えたら姿勢良くなるや痩せる・アウターマッスルを鍛えたらパワーがつくは極論で、骨や関節がどう姿勢・ダイエット・動きに関わっているかが大事です。 






1人1人で違い、目的も違うから、その人のトレーニングは個人に合わせる必要がでてきます。 パーソナルトレーニングってそんなことも見てますよ。





少し分かりにくかったですか?
posted by まっく at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

2009年12月25日

クリスマス・ソングス



2009年12月25日、こんなに1日クリスマス・ソング漬けの日はあまり記憶にない。 





ゴールドジムの音楽、1日中クリスマス・ソングでした。 





この曲もこの人がカバーしてたんだとか、この日本の曲も英語でカバーされていたのねと再発見がいっぱいの1日。





クリスマス・ソングに癒されます。 Merry Christmas クリスマス





クリスマスにトレーニングに励む人々に神のご加護を! キリスト教徒ではないと思いますが。





ゴールドジム名古屋金山はクリスマスも営業中、日本では当たり前(笑) アメリカ本土のゴールドジムは休館日かな? アメリカではほぼすべての店がクリスマスは休みます、年中無休を謳うスーパーなんかも昼までとはっきりしています。


09-12-25_001.jpg



でもゴールドジム名古屋金山は来年2010年元旦から営業! 来年、初トレーニング・運動は金山にて 手(パー) 場所がら、トレーニング前後に熱田神宮で初詣なんかもありと思います!
posted by まっく at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング

2009年10月28日

中津川



強行スケジュールで出張。


09-10-28_003.jpg


20年数年ぶりぐらいの岐阜県中津川、ですが滞在時間2時間ぐらい。 時間なさ過ぎて、有名な栗きんとん一つすら買えず。


09-10-28_001.jpg



講師をするトレーナーの専門学校で中津川から通っている学生がいるから、意外と近いかと思いきやとんでもない! 毎日この距離通っているのかと感心です。 走っていける距離ではないです!




トレーナーを必要とする中津川、都市部に限ったことではないですね。 名古屋戻って、名古屋が凄い都会だな〜と感じた1日。
posted by まっく at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング

2009年10月08日

ウェア


台風一過、嵐の後はパッとします!




今日の昼過ぎは見事な晴天 晴れ




朝に電車が止まっていた以外、名古屋は大した被害もなかったです。 気持ちの良い天気でした、これでグッと秋らしくなります。




サンプルで頂いたウェア、新しいウェアなどを着ると気分一新。 今日の天気みたいに、清々しい。


adidas compressionA.jpg


スポーツや運動に限らずとも、ニューアイテム・リニューアルアイテムで気持ちや心もリフレッシュ。




これからスポーツ・運動をお考えの方も、衣替えついでに家にあるウェアも引っ張り出しちゃいましょう! 
posted by まっく at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング