名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2008年07月20日

夏の終わり

gHi20083j.jpg

gHi20082j.jpg

負けました。

3年生にとっての夏は終わってしまいました。

一部の選手は大学などで野球を続けるから、夏休みも練習に顔をだしますが、多くの選手は物心ついて始めて野球のない夏休みになるでしょう。

遊んでばかりじゃなく、勉強もしっかりね。

親みたい?
posted by まっく at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年07月18日

パイオニアに感謝

野茂選手が引退するそうです。

このブログでも何度か書いてきたし、馴染みがあるだけにかなり悲しいです。 

私だけではなく、野球人だけではなく、彼の存在が日本人に勇気を与えてくれたし、世界で日本人が通用することを証明してくれた。

本当にありがとう。

まずは、休んで、また違ったステージで活躍する姿を見たいと思います。
posted by まっく at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年07月16日

野球をストップウォッチで計る

ストップウォッチで計るデータ。 

1. バッターがバットにボールを当ててから、ファーストベースに到達する時間

2. ピッチャーのクイックモーションのスピード

主にこの2つです。 本当はもっと色々と計りたいのですが、この2つを追っていると他の数字が計れないのです ふらふら

なぜこの2つか? 書くとかなり長くなり大変だから、知りたい人は直接聞いてくださいね。 野球経験のある方は分るかな。


トレーニングコーチとして、走力などの測定は定期的に行うけど、それだけでは計れないこともあります。 足は速いけど、1のスピードは速くない選手も以外に多いです。 

いくら足が速くても、野球選手が野球で生かせない足の速さは必要ないですからね。 プレーを見ないと分らない事です。 全体を見て、トレーニングを組まないと意味なしです。
posted by まっく at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年07月14日

夢への挑戦!

昨日の高校野球、甲子園予選のスタンド。 地区大会の序盤戦でも、これだけの人が入ります。甲子園をかけた戦いは熱い!

gHi20081j.jpg

高校野球の場合、アスレティックトレーナーやトレーニングコーチはベンチに入れません。 ベンチの裏にも入れてもらえません。 ルールはルール、だからスタンドからの観戦。

もちろん、自分のチームには熱が入ります。 しかし仕事柄、観戦モードではなく、相手チームも、違う試合を見ていてもストップウォッチをカチカチ・カチカチ。

ストップウォッチ1つで、目では計れない、色々な事が分るんです。 野球の見方が変わりますよ。 何を計っているのかは、また今度。
posted by まっく at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年07月07日

強ければ、いいの?

昨日、静岡の高校野球でトレーニングコーチをしている学校に行ってきました 野球 そして土曜日の開会式の様子を父兄の方が撮った映像を見させて頂きました。


映像には映っていませんでしたが、一人倒れた選手がいるらしい・・・やっぱり ふらふら


静岡の高校野球と言えば、この2、3年は全国的にも強いし有名な高校があります。 


5日の開会式の行進を見た方は分ると思います。 その学校の行進は、みんなバラバラ、ダラダラ、見るからにやる気がない。 一言、ひどい。


悲しいです。 甲子園が当たり前だから、県予選はどうでもいいのか? 強ければ何でもいいのか? あの暑さでダレるのは分るが、出場するすべての球児・関係者に対して敬意を持って欲しいと感じました。


春に起こした不祥事もあながち真実ではないかと感じざるにはいられません。 これは関係なくても、そう思ってしまう。


少なくとも、県の代表になる可能性のあるチーム。 あれを見た人は、もし県代表になった時に、素直に県代表として応援が出来るのだろうか?


あの態度で勝ち上がれるほど、野球は甘くはない。 そう信じたいです。


学校名はあえて伏せましたが、分っちゃうかな? 開会式を見た方は絶対に分ると思います。 


自分の教えている選手の雄姿を見るより、こっちが気になってしまいました・・・ごめん。
posted by まっく at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年07月05日

ついに開幕!

今日は岐阜県・静岡県での甲子園予選の開会式でした。


今日の天気は真夏並みだったらしい。先週の涼しい日に、ひと足先に開会式を済ませた愛知県が羨ましい。


今となっては、開会式の理由も理解でき納得しているのですが、選手としては知らない偉い方々の話を長々と聞いているのは辛いでしょう。


“選手はまだ暑さに慣れているけど、学校のプレートを持って先頭に立っている女の子が熱中症で倒れるよ〜”と監督。


選手のコンディション・体調を管理する立場としては、選手が倒れたらたまったもんじゃない。


まあ、これで熱中症にかかる選手がいるチームでは、大会は勝ち残れないだろうけど。


だからトレーニングコーチとしても、暑さ対策のため、水分補給に気をくばりながらランニング・プログラムも組むんです。


頑張れ、高校球児 野球
posted by まっく at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年06月27日

色々なトレーナーたち

昨日は夜の12時過ぎぐらいまで、トレーナーの方々と集まっていました。

トレーナーと一言で言っても、色々な種類のトレーナーたち。 アスレティックトレーナーから、パーソナルトレーナー、トレーニングコーチ、フィットネストレーナー、メディカルトレーナーとまあ色々。

一言でトレーナーと言っても、自分の得意分野を持っていて、その分野の特徴を生かして○○トレーナーとなるんです。

活動場所も、元オリンピック野球日本代表のアスレティックトレーナー、○○○自動車の野球部アスレティックトレーナー、○○○○高校の野球部トレーニングコーチ、接骨院従事者、スポーツクラブとこれまた様々。

半分は野球に関わっているトレーナーだったかな。 東海地区は野球が盛んです、中日ドラゴンズの熱狂ぶりを見ると分りますね。 名古屋人は野球が好きなんです 野球

それぞれが、頑張っていると刺激を受けますね。 よい集まりでした。
posted by まっく at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年06月16日

もうすぐ抽選会

梅雨なのに天気が良すぎる。 天気がおかしい、今に始まったことではないのですが、このところは本当に異常気象ですね。


去年のこの時期は台風が立て続けに来ていたような・・・今年は雨の少ない梅雨。


去年の夏の高校野球甲子園予選は台風で試合がかなり流れ、日程が押し押しになってギリギリになったはずです。 


例年は7月半ばぐらいで、今年は2週間ほど早く始まるから時期の感覚が少しずれていますが。 去年とはやっぱり天気が明らかに違いますね。


なんか不気味です。
posted by まっく at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年06月06日

プロ野球選手に学ぶコンディショニング

またまた来館、昨日のプロ野球選手の彼が今日もトレーニングをしてきた。

つまり昨日の私の予想ははずれ ふらふら

おかしい、完全に疲労回復のコンディショニングトレーニングをしていたのに。

突き詰めたら、一昨日投げていて、投げた翌日の疲労回復のためのコンディショニングトレーニングだったことが判明。

納得。

その日のニュースを見ていなかったんですね。

ランニングでのコンディショニングトレーニングを見ていたら、確実に予想できていたのに。ウエイトを使ったコンディショニングトレーニングは疲労回復の意味では同じようなトレーニングになるんです。

そこまで見抜けなかったとは、私もまだまだ甘いなバッド(下向き矢印)

投げないのに何で名古屋に立ち寄っているんだろう?
posted by まっく at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年06月05日

超大物プロ野球選手

野球に興味がない人でも、きっと知っているプロ野球選手がトレーニングをしにきていました。トレーニングと言うより調整だけど。

ちょうどパーソナルトレーニング中ではなく空いていた時間だったのでどんな事をするのか観察していました。

しかしシーズン中だろうとちゃんとやるべきトレーニングをしていたり、体のメンテナンスをしている選手はシーズンを通して結果を残します。

逆にトレーニングを怠っていたり、偏ったトレーニングをしているとシーズン中で波がかなりあり、シーズン通しての結果は出にくいし、怪我で戦線離脱にもなる。仮に結果がよければ、それはそれでよしだけど。

データの蓄積があり、そこに科学的な裏づけがある事が、当てはまるから面白く勉強する価値がそこにある。

今日の彼は1人で黙々とトレーニングをこなし、体調をチェックしていました。だからちゃんと結果も残すのだなと感心していました。

アメリカのメジャー/マイナーリーグ・日本の社会人野球・日本とアメリカの大学野球・日本の高校野球(日本のプロ野球とアメリカの高校野球以外)においてコンディショニングに携わってきた経験上、試合前のコンディショニングには共通点があります。だいたいやるべき事は決まっています。

だから、

彼はきっと明日投げるな 野球
posted by まっく at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年06月01日

コンディショニングの調整

夏の野球シーズンが迫ってきました。

前にも書きましたが、たかが10日ぐらいだけど、今年はそれ以上に早くやってくる感覚です。

この時期の高校野球のコンディショニングは難しいものです。めいっぱい野球の練習をしたいし、かと言ってそればかりしていたらせっかく養ってきた筋力低下を招いてしまうし、他のコンディショニング要素もずれてくる。

コンディショニング・トレーニングは年間のプランを立てて通常は進めていますが、プラン通りにはいかないのが普通です。当然、練習も厳しくなってくるから筋の張りを訴える選手や○○が痛いと言ってくる選手もいる。

教科書通りにはいかないものです。100のチームがあれば100の方法がある・・・・・言い過ぎか?だからトレーニングコーチやコンディショニングコーチはその為の引き出しを用意しておかないとすぐにプランの修正は出来ないです。“ちょっと待って、来週までに答えを準備しておくわ”じゃ遅いですからね。
posted by まっく at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年05月05日

今年の高校野球

今年は北京オリンピックの関係上、夏の甲子園の開幕が早い。それに伴って当然、地区大会の開催も早い。例年は夏休みに入る前ぐらいに開幕してだが今年は7月に入ってすぐ。

これが以外にトレーニングとそのコンディショニングでは困る。高校野球の場合、冬の期間には対外試合が禁止されている。それが解禁になるのが3月、今年は夏が早いからといってこの時期が早まることはなかった。同様に秋季大会も。たった2週間ぐらいの話だけど、トレーニングの持って行き方やコンディショニング法が例年とはかなりずれてくる。

関わりがある人には分ると同じように感じると思うけど、春季大会が終わると夏がすぐじゃんとの感覚がある。春季大会で勝ち残れば残るほど、その感覚は強いでしょう。春季大会の課題を試合を通して夏までに調整して正していくけど、この2週間の早まりはかなり痛い。

だんだんチームがピリピリモードに入ってきた。疲れも溜まってきている。コンディショニングの持って行き方も変化をさせないといけない。

このぐらいの時期からはトレーナー的な要素が強くなる。いいコンディションでプレーしてもらわないといけないからね。一発勝負の醍醐味もあるけど寂しさもある。

甘やかさずに、引っ張って、くさびになろう。
posted by まっく at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球

2008年04月20日

野球のコンディショニング

今日はマタドールトレーナズの契約チームのトレーニング指導で新入生の体力チェック、身体測定をやった。やっぱり1年生はまだまだ体はできていない。

ついでに何人か上級生も同じ事をやってみたが、入ってきた頃に比べると格段に筋力はついた。野球に特有の筋バランスや姿勢もかなり改善されている、やっぱりちゃんとプラン立ててトレーニングを積んでくると明らかに変わってくる。この時期は春季大会も終わり練習試合も毎週入ってきて体を休める時間もなくなってくるから、しっかりとトレーニングをして体作りが出来ていないチームには怪我人も多くなるが、それも大丈夫。今のところは疲労による怪我もない。いい感じです野球

しかし、ある選手のピッチングを見ていたら明らかにステップが小さい。本人に聞いてみると膝が割れてしまうから、意識的にステップを小さくしているとの事。だけど膝の動き、本当は股関節だけどそれも変わっていない。下手な勝手な修正で余計に悪くしている感じだった。

急遽、ピッチャーを全員集めてコンディショニングチェックをすることに。すると思った通り、数人に股関節がバキバキに張っているではないか!

ピッチングの事について書くのは省略するけど、上記の選手は股関節内旋に問題あり。

簡単に書くと股関節内旋が上手く機能しないと→腰に踏ん張りが利かなくなる→腰の回旋が使いづらい→体の開らきが早い→腕が早くでる→トップが決まらない→投げる。つまりボールが走らない、このまま投げ続けると肩が痛くなる可能性大。

修正したけど、戻っているか心配です。

ピッチャーって繊細なんですぅ、ちょっとのズレで大きくズレてしまうから。プロの試合をテレビなどで見ていても、色々な投げ方があって面白いですよ。動作的にいいピッチャーではない選手もいっぱいいるけど、いいピッチャーっていっぱいいるし。色々いて型にはまらなくても凄いのが面白い。



違う写真を載せたかったけど予定変更で。
ちいと熱くなってしまいました。写真はまた今度にしますねぇ。

これ???でちんぷんかんぷんな人ごめんなさい。
分らないと分らないですよねふらふら
posted by まっく at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2008年04月12日

日本人メジャーリーガーのパイオニア

昨日、野茂選手が1000日ぶりにメジャーで投げたとのニュースを見た。かなり感慨深いものがある。当然、野茂選手がいなかったら今の日本人がメジャーで活躍する姿はないでしょう。パイオニアとしてまだまだ頑張ってほしい。

僕がアメリカに渡った年と野茂選手はメジャー1年目でドジャースで大活躍中。当時の一般的なアメリカ人にとって知られている日本人と言えば黒澤監督とヨーコ・オノぐらい。エンターテイメントにいる人は強い。だからLAの人にとっては野茂選手が最も身近な日本人となっていた。

で、なぜか僕のニックネームが野茂になる。野茂選手に似てるな〜と言われたからで。日本人の顔なんて皆同じに見えるみたい。マタドールトレーナーズのホームページに僕の顔は載っているけど、全然似てないでしょがく〜(落胆した顔)

そして最も尊敬するトレーナーの1人である方が野茂選手がデトロイト・タイガーズにいる頃にチームの専属トレーナーをしていた。今でこそ何人かの日本人がチームスタッフとして働いているが、当時では彼が日本人として初のメジャーリーグのトレーナーで野茂選手のパーソナルトレーナーであった。その当時の写真がこれ、
http://www.matadors-trainers.com/massage.html

野茂選手とは面識はないが、不思議な縁で応援したくなる。本当に野茂選手はすごい!そして野球が好きなんだな〜と思う。
posted by まっく at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球