名古屋のランニングクラブ、Matadors Style Runners(マタドール・スタイル・ランナーズ)。

走り始めたばかり・走り始めたい初心者のランナー、怪我に悩む・怪我の予防をしたいランナー向けのランニングクラブです。


詳しくは、こちらのホームページより
http://www.matadors-style-runners.com/
をご覧ください。

2010年12月30日

ゴスペル



知人が出演のため、ゴスペル聞いてきました。




今年はクリスマスに神社参拝、年末にクリスマスソングを含んだゴスペル観賞と、意図した訳ではないですが、なぜか完全に逆らっています。




黒人が教会にて神への賛美として歌ったのが発祥のゴスペル。 日本では馴染みが薄いかも知れませんが、レイ・チャールズやジェームス・ブラウンなどゴスペルとR&Bを融合させソウルミュージックとして発展させ、現代でも多くのミュージシャンに影響を与えている音楽。




SISTER'S ACT(天使にラブソングを)が分かりやすいですかね。




素人の音楽会だから、はっきり言えば下手です。 でも、楽しめました。 あれだけ楽しそうに歌っていたら、見てる方も楽しくなりますよ。 


gospel.jpg



プロとして見せる・聞かせるのでなければ、音楽でもスポーツでも同じ。 上手かろうが下手だろうが、速かろうが遅かろうが、関係なく、楽しいのが一番! 伝える意思がなくても、伝わる何かがあると思います。




アメリカにいると触れる機会も多い音楽でだから、知っている曲も多く、思わず口ずさみながら、そんな事を考えていました。




すべての人にスポーツを! 楽しんでスポーツに触れてもらいたいと、来年もトレーニングとランニングを通じて伝えサポートしていきます! 

posted by まっく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術

2010年09月26日

芸術の秋



名古屋の様々な場所で開催中の、あいちトリエンナーレ2010。


10-09-25_001.jpg




出演されるバレリーナの方のお誘いで、このイベントの一つであるグラン・ドリーム・バレエ・フェスの鑑賞。




バレリーナやフィギュアスケートの選手をパーソナルトレーニング
でから、観るよになった舞台。 




フィギュアスケートの選手も必須のように、表現力を身につけるためバレエのレッスンを受けます。 なぜか?舞台を見ると理解できます。 そのくらい吸い込まれていきます、言葉は一切ないのに。 



見入ってしまってしまいますが、ふとトレーニングに生かすべきアイディアも生まれます。 テレビでは舞台を放映する事はないから、見ないと理解するのは難しい。 




大人になってから観るようになった舞台。 こういったものを小さい頃から観ていたり・行っていると感性や表現力は間違いなく磨かれますよね。





教養ってそう言うものなんでしょうね。 もっと早くから観るべきでした。

posted by まっく at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術

2010年08月06日

Mac meets the real.



Boyz II Men with New York Symphonic Emsenble



boyzIImen live.jpg



Boyz II Men の歌唱力・ハーモニー・コーラスを否定される方はいないでしょう。 生の彼らの歌声は言葉では言い表すことは出来ません、ただただ引き込まれます。




歌を口ずさむ事もなく、ただ聞いていたい。 歌を知らない人でもきっと感じる何かがあります。



BoyzIIMen.JPG



綺麗な英語を聞けと高校の先生に勧められた、デビュー間もない彼ら。 それから20年近くの月日が流れますが、決して色褪せることはなく、New York Symphonic Emsenble のオーケストラをバックにさらに美しく。 





もう人生の半分以上を共にしてきているんですね。





絶対にお勧め!





明日・明後日の東京公演も行きたいくらいです!
posted by まっく at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術

2010年06月27日

CHICAGO



見ちゃいました! ロキシー&ヴェルマ。


cicago.JPG



以前、お世話になった方のご出演。 お招きを受けて観賞です。




生のミュージカル最高ですね。 はまりそうな予感。 




ミュージカルを見るのは、アメリカにいる頃にハリウッドのめちゃめちゃ小さな場所でマイナーなミュージカルを見て以来。 ニューヨークのブロードウェイでも見たけど、今回のCHICAGOはそれよりずっと引き込まれました。




ヴェルマ役のアルマ=フェイ・ライト、このために覚えたであろう日本語は聞き取りにくく、最初は英語で良いよと思いましたが(字幕あります)、時折のコミカルな日本語は最高でした! 




まさにプロフェッショナルです。 体作り・動き作り、素晴らしい。 その努力を知っているだけに、感動です。 




絶対お勧めなミュージカル、是非見て下さい。 来週で終わるけど・・・・・




午前中は仕事関係で六本木、昼から赤坂と東京満喫な日曜日でした。


TBS.JPG
posted by まっく at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術

2010年02月12日

アバター



今、話題の映画。


avatar.jpg



パーソナルトレーニング中など、何人もの方から絶対見た方がいいよといわれ続け、昨日は祝日でいつもより早めに終われたので、最終レイトショーで駆け込みました。





3DだからDVDではなく、映画館で見ないとと思い、久々の映画。





事前情報で“字幕も3Dで浮かび上がってくるから、邪魔くさいよ。”との事、そして選んだのが(たぶん)通常字幕と記された上映。





失敗だった・・・・・ 




プレビュー始まって、気が付いた・・・・・あれっ3Dメガネないじゃん! 渡されていない!! しまった!!! 通常字幕って3Dじゃないって意味!? 通常上映 もうやだ〜(悲しい顔)





プレビュー始まっているし、時すでに遅しです。 完全なる勘違い。





映画の内容は書きませんが、専門用語がバンバン出てくる難しい英語ではなく、ほとんど字幕はみていない、“通常字幕”って単語に完全に翻弄されました。 字幕はどっちでもよく、3Dだったらもっと楽しめたであろうと感じました ふらふら 不完全燃焼です。 3Dで再チャレンジしようかな?





前回見た映画は前売り(\1300)で持っていたのに、たまたま行ったのが1日のサービスディ。 カウンターの人に“本日\1000ですが、前売り使いますか?”と言われるも、次いつ来れるか分からないから渋々使用。 前売りなのに損して映画を見ました もうやだ〜(悲しい顔)




なんだか最近は映画に運がないです。
posted by まっく at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術

2009年12月06日

whatever



久々に耳にした、名曲。




オアシス“whatever”




以前、日本でもCMソング(何かは忘れました)に使われていたので、耳にして記憶している方は多いと思います。




何度耳にしても、何時聞いても、心地良く、タイムスリップできる。 




そんな曲や映像って誰にでもありますよね。 いつまでも色褪せない何か。




I'm free to be whatever I
Whatever I choose
And I'll sing the blues if I want

I'm free to say whatever I
Whatever I like
If it's wrong or right it's alright

Always seems to me
You always see what people want you to see
How long's it gonna be
Before we get on the bus
And cause no fuss
Get a grip on yourself
It dont cost much

Free to be whatever you
Whatever you say
If it comes my way it's alright

You're free to be wherever you
Wherever you please
You can shoot the breeze if you want

It always seems to me
You always see what people want you to see
How long's it gonna be
Before we get on the bus
And cause no fuss
Get a grip on yourself
It don't cost much

I'm free to be whatever I
Whatever I choose
And I'll sing the blues if I want

Here in my mind
You know you might find
Something that you
You thought you once knew
But now it's all gone
And you know it's no fun
Yeah I know it's no fun
Oh I know it's no fun

I'm free to be whatever I
Whatever I choose
And I'll sing the blues if I want

I'm free to be whatever I
Whatever I choose
And I'll sing the blues if I want

Whatever you do
Whatever you say
Yeah I know it's alright

Whatever you do
Whatever you say
Yeah I know it's alright




想いを胸に。




英語のままで、それぞれ解釈してください。 微妙な英語のニュアンスもあるから、翻訳の専門家じゃないから、日本語で書くのは控えます。




こんな紹介をするのは初めてじゃないでしょうか? たまには良いかな わーい(嬉しい顔)
posted by まっく at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術

2009年11月12日

人体の不思議展



前回、アナウンスした人体の不思議展。





好評で割引券くださ〜いと多くの声を頂きました!





パーソナルトレーニングをしている方・トレーニングをしている方・走っている方・スポーツをしている方・トレーニング指導者など、自分の体に関心を持っていると、興味が湧く事なんですね。


09-11-09_001.jpg



10枚ほどあった割引券、すでに残り2枚です。





行きたいと思っている方、お早めに! 少しでも割引あればお徳です。
posted by まっく at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術

2009年11月10日

人体解剖標本



人体の不思議展、11月14日より愛知県産業労働センターにて開催。


jintai.jpg


標本とは言え、実際の人間を触れるのは魅力です。 人間の体を扱うとは言え、トレーナーやトレーニングコーチは本物の人間内部を見る・触れる機会は限りなくゼロに近い。 しかし、筋肉の形や走向・骨などを解剖学の本や模型ではなく、本物を見る・触る事は役立つこと間違いなしです。




2年前に大阪で開催されていた時に一度訪れていますが、最新の技術による人体のプラストミック標本は実際に触れるし、ホルマリンに浸かっていないので匂いもありません。 




見慣れないと気持ち悪いかも知れませんが、一言、すごい!




それだけでなく人体の不思議を色々と楽しめるので、誰にでもお勧めできる展示会ですよ。




割引券も数枚手にしているので、ご興味ある人はご連絡ください!
posted by まっく at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術

2009年05月05日

イングリッシュ・ガーデン


今日まで名古屋高島屋で開催していました。 パーソナルトレーナーの唯一GWらしい瞬間。

CObVK[fE`Pbg.jpg


30分もあれば十分に観れると聞いていたので、パーソナルトレーニング・セッション間のランチ休憩のついでに。



カメラを片手に、並み居る人々を退け、


CObVK[f.jpg


イングリッシュガーデンに関心のある人、こんなにも多いだ!とビックリです。



学生の頃のイギリスぶらり1人紀行。 隣に座ったおばあちゃんが庭の花を見て“LOVELY〜”を連呼していて会話して、イギリス英語と文化を垣間見た時を思い出した。 



どことなく懐かしい。



行きたかったな〜と感じた方、すいません ふらふら 今日まででした。
posted by まっく at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術

2009年03月22日

バレエ公演


毎週日曜日はパーソナルトレーナーとしてではなくトレーニングコーチとしてチーム指導をしていますが、少し無理をお願いし日程を変更してもらいました。


ご招待を受け、

cooG.jpg


人生2回目のバレエ鑑賞。


人を魅了する、惹きつけるといった本質。


心に訴えかけられる何かがそこには確実にありました。


周りは女性ばかりで、男1人は完全に浮いた感がありましたが楽しみました。
posted by まっく at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術